マイスピースタッフが選ぶ!推しの一冊vol.1

マイスピースタッフが選ぶ!推しの一冊vol.1

今回は、
【マイスピースタッフが選ぶ!推しの一冊vol.1】
と題し、
いつもとは少し角度を変え、
おすすめ書籍紹介をお届けしたいと思います!

「書籍なら何でもOK!」ということで
ジャンル問わず全スタッフから募集してみたところ、
技術書、小説、ビジネス本に料理本、あの漫画まで・・・!?

個性的なスタッフたちの個性が爆発する
おすすめの一冊が集まりました!!

調査員・マイスくんがナビゲーターをつとめます^^

今回はその第1弾。

今回ご紹介する本から、マイスピースタッフの人柄や性格を
想像してみるのも面白いかもしれません^^

私たちマイスピースタッフと一緒に、
気になる一冊と出会ってください♪

マイスピースタッフが選ぶ、おすすめの一冊

やっほ~!マイスくんです。

今回のミッションはマイスピースタッフの推しの一冊調査第一弾!
ということで、3人のスタッフに聞いてきました!

1人目 飯テロ常習犯プログラマーの推し本はこちら!

書籍タイトル

空想科学読本シリーズ

※画像は本のイメージ

紹介者ケニー

ゲーム(ラグマス/MTGアリーナ)とネトフリ(アニメ/海外ドラマ/洋画)が好きな開発スタッフ。よく飯テロをする、情報通。

紹介者コメント

全然新しいのは買っていないが小学校のときにハマって、ずっと、今でもいくつか持っている。

アンチ柳田理科雄の書籍とかあったりするが、本人は現実化させたいがための考察をしており、しかしそれが、なぜか毎回かうまく行かない…

アニメや漫画を娯楽としてだけではなく、科学で切り込んでいくその着眼点はとても素晴らしく、そして何より面白い。
物事を多角的に見ましょうねって教えてくれる、そんなシリーズだと思う。

僕もこのシリーズ大好きなんだ~。

漫画やアニメ、ゲームなど、人間の想像力が生み出した空想の世界を
科学的に検証してみたっていう、柳田理科雄さんの考察本!

累計発行部数が500万部超えの大人気シリーズなんだよ。

ちなみに「理科雄」っていうのはペンネームじゃなくて
本名なんだって。

  • ウルトラマンの活躍時間は3分間。それで地球の平和を守れるのだろうか?
  • ラピュタを空中に浮かせる「飛行石」。いったいどんな原理なのだろうか?
  • 『キャプテン翼』にあって異彩を放つ「スカイラブハリケーン」。実現できるもの?
    …etc

目次からして面白そうでしょ!?

例えば、ポケモン好きな人には「ポケモン空想科学読本」もオススメ。

  • ピカチュウが放つ「10まんボルト」の電撃はどんな威力なのか?
  • ゴローニャの丸い体は岩石のように硬い! いったい何でできている?
  • 何でも溶かしてしまうリザードンの炎! その威力はどれほどか!?
    …etc

知ってる漫画やアニメ、SFが題材にされているのは単純に興味深いし、
その検証結果が正しいか正しくないかは別にしても、科学が身近に感じられそうだよね!

2人目 サポート部癒し系アイドルの推し本はこちら!

書籍タイトル

99.9%は幸せの素人

※画像は本のイメージ

紹介者あずちゃん

マイナスイオンを発している浜松オフィスの癒やし系サポートスタッフ。仕事の正確性で一目置かれるサーバー管理系担当女子。

紹介者コメント

最近読みました。
科学的な観点から、幸せになる方法について紹介している本です。

この本の中で、心配事が実際に起きる確率についての記述があって、
心配性の私は、今まで心配し過ぎていたのかな・・・?と、少しだけ気持ちが楽になりました。

考え方・捉え方次第で幸せを感じれるんだなーと思ったので、おすすめです。

あ!この星さんって、『神メンタル』や『神トーーク』の著者の方だね。

今回は幸福学研究の第一人者である前野隆司教授との共著により、
最新の脳科学・心理学に裏付けされた「科学的に自分で自分を幸せにする」
すごい裏ワザを全収録!

ってことだけど、
確かに、まえがきを読んだだけでも“科学的に”っていうワードがたくさん目に入ってくるね。

「多くの人の日々の頑張りは、科学的に正しくない」

なんて、一見反感を買いそうな一文が載っているんだけど、
頑張りを否定しているわけではなくって、
その努力って「あなたを幸せにする努力」になっていますか?
ということを問いかけているみたい。

一体どういうこと・・・?
と思う人は是非読んでみるといいかも!

仕事、健康、お金、人間関係、恋愛・結婚・・・
それぞれの分野において幸せになるには、日常生活の中で
どう行動に移すせばいいかを書いた「行動レシピ集」も
収録されているみたいだね。

自己啓発本って、読んで満足してしまうことも多いから
日頃の行動に移そうと思えるのも嬉しいポイントだね!

3人目 知識量と情報量がエグイ辞書の擬人化マーケターの推し本はこちら!

書籍タイトル

翁の本 The book of OKINA

※画像は本のイメージ

紹介者おさい

「色々な文化や民俗や芸能や芸術や歴史などに興味があります。」という自己紹介通り幅広いジャンルの知識がある、まるで辞書の擬人化。

紹介者コメント

「翁」は、能の源流とされている演目で、
冒頭で翁が口にする「とうとうたらりたらりら」という言葉の意味や、
この演目の成立など、多くの謎を秘めています。
その「翁」を知ってもらうための「翁プロジェクト」から生まれたのが、この本です。

入門書ですが、中身は濃厚で、美しい写真やデザインに導かれるようにして、ついつい惹き込まれます。

研究者へのインタビューで語られる、日本文化の色々な側面への翁の影響も興味深いです。

高校古文で「竹取物語」を読んだ記憶がある方は、

『今は昔、竹取の翁といふものありけり。』

この一文を思い出して、
翁(おきな)= おじいさん
という意味であることはパッとわかったんじゃないかな?

能楽の源流とされている演目が、この「翁」なんだって。

「翁は能にして能にあらず」

と評されるように、「翁」には他の演目とは違い、具体的な物語の筋がない。
でも、世界の平和と安泰を言祝ぐ儀式のような演目でもあるーー。

そんな能楽「翁」を2部構成で解説したのが本書。

うーん、難しそうな内容だな・・・
と思った方も、この本の表紙や収録されている写真だけでも見てみて!

紹介者・おさいが言うように、いにしえの日本が感じられる美しさに
圧倒されること間違いなしだよ^^

気になる書籍は見つかりましたか?

マイスピースタッフ書籍紹介【第1弾】をお送りした今回、
いかがだったでしょうか^^

10人いれば10通りの色がある というように、
スタッフの数だけ新しい本の存在が知れるのは
筆者としても面白かったです!

皆さんも、気になる書籍が見つかったら是非読んでみてくださいね。

ということで、【第2弾】以降もお楽しみに♪

今回紹介した3人の推し本はこちら

\ おさいの推し本 /翁の本 The book of OKINA

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ