極限状態での戦い・・・サーバー管理とパフォーマンスチューニングを極める

最近は、メルマガを送ったり、ブログ記事を更新したりはしていませんでしたが、
水面下では、日々、マイスピーのアップデートが
続いていました・・・

「青島さ~ん、サーバーとまってまっせー!」

「うげっ(^^;」

「青島さ~ん、配信とまってまっせー!!」

「うげげっ(^^;;」

マイスピーは、2012年の6月から開発開始、
本日2014年4月で、もうすぐ丸2年になりますが、
負荷対策もこれまでに何度かに渡り行ってきました。

データ数(読者数)が5000件程度までは、
適当なデータベースシステムでも
なんとかなるのですが、

3万件、5万件、10万件、15万件
となると、わずか1ミリのプログラムミスが命とりです。

プログラムミスといっても
少量のデータであれば問題なく動くものであっても、
データが多くなったとたんに、
何十秒~何分も処理が待たされて、
サーバーがパンクしてしまう、
そういうレベルの話です。

マイスピーのプランの中には、
高速プランという16GBメモリを搭載した
ハイスペックサーバーを使えるプランがあり、
こちらに移ってもらえれば、
ほぼ解決してしまったりもするところではありますが、

「機体の性能の違いが、戦力の決定的差でない」

という言葉もあるように、
システムの実装が甘い部分を
サーバーのスペックに頼ってしまっていては、
プログラマーの腕がすたるというものです。

「強いヤツと出会うほど、自分も強くなっていく」

実装が甘い部分をつぶして
目に見えない部分を洗練させつつ、
新しい機能も追加して、
使い勝手も向上していく。

こういう地道な積み重ねが、
日本一のシステムを実現するためには、
遠回りのようで、実は一番の近道
なのではないかと思い、日々開発を続けています。

今回のアップデートで、
また1つ堅牢になりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ