インターネットマーケティングにおける2つの壁:スタートアップと、継続・改善

リアルの店舗で商売を始めようとしたら、
開店するのに何百万、何千万と資金が必要になりますが、

ネットビジネスであれば、
ドメインとサーバー代、配信スタンドなどを揃えればスタートできてしまいますので、
月々数千円程度の費用だけで始められます。
(見た目や使い勝手や手間などを気にしなければ、無料ブログや、フリーメールアドレスなど使うことで、ほぼ0円に抑えることも可能です)

資金面でのリスクが低く、参入障壁も低いのがネットビジネス、ネット販売のメリットです。

しかし、誰もがネットで成功者になれるわけではありません。

その違いはなんでしょう?

インターネットマーケティングにおいて、成功するまでには、2つの壁があります。

■壁その1:スタートアップできるか、立ち上げまで持っていけるか

いまでは、ネット起業、ネット販売などの情報やノウハウはあふれていますが、
具体的にどのように組み合わせてビジネスを始めたらよいのか。

知識はあるけども、
いざやろうとすると、どうしていいかわからなくなってしまう。

これまでのクライアントさんとお話ししてきた経験からしても、
スタートアップのところで躓かれる方は多いです。

リアルの店舗はないとしても、
仮想の店舗、言い換えれば、あなたのコミュニティを作ることになるわけですが、
その「媒体」をどう作るか?

ブログやTwitter、Facebookなど、簡単に情報発信ができる環境は整っています。

考えているうちに結局行動できずに終わってしまう。

そんなときは、

まずは下手でもいいから、情報を発信してみること。

アウトプットの練習です。

読者さんやお客さんといかにコミュニケーションをとるか、
難しいことは考えずに、
まずは、出せるものを出してみる。

ここから始めてみてはいかがでしょうか。

ある程度、発信したい内容が固まってきたら、
もう一度正式なブログやメルマガとして再スタートすればよいのです。

■壁その2:継続・改善していくことができるか

自分の媒体も決まって、
商品も作るところまではできたとしましょう。

しかし、
商品を出せば、
いきなり売れる、
なんてことは稀です。

集客して、
成約を取って、
リピートしていく、

・集客数:適切に広告を出せているか(売上に対して広告費を払いすぎていないか)、紹介されるような話題作りができているか

・成約率:訪れた見込み客に、商品・サービスの良さを100%伝えられているか、購入前の不安を払拭できているか、面倒なくスムーズに申込み手続きができるか

・リピート、LTV:一回きりで終わってしまっていないか、商品を何回も買ってもらえるか

このそれぞれの流れについて、改善を続けていくことで、
売れる仕組みが徐々に出来上がっていくものです。

そのためには、
日々の結果を数値化して分析できる仕組みを
取り入れることも必要です。

世の中の起業家や社長さんは、
企画を立案して、立ち上げるところまでは得意な人は多いですが、
その後の継続、改善が苦手な(もしくは、得意でもやりたがらない)人が多いように見受けられます。

しかし、この継続・改善ができるかどうかで、
改善を続けて、一定レベルまで販売の仕組みを持っていけるか、
かたや、一発屋で終わってしまう、もしくは、一発すら出ずに終わってしまうか、
に結果が分かれます。

この2つの壁を意識しつつ、
自分がどのステージにいるかを把握して、
立ち上げに力を入れるか、
継続改善に力を入れるか、
あらためて考えてみてください。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ