LP、ランペ、ランディングページとは

「LP」「ランペ」とはなんでしょうか?

ランディングページ(Landing Page)の略称です。

ランディングページは、見込み客の方が、紹介広告やPPC広告のリンクを踏んだ時に、
最初に訪れる(表示される)ページのことを言います。

多くの場合、ランディングページは、
成約(コンバージョン)を取ることを目的としています。

「成約(コンバージョン)を取る」とは、具体的にいうと、

・お問合せのメールや電話をいただくこと。

・無料の申込フォームに申し込んでオプトインしてもらう
 (こちらからメールやDMの案内を送ることの許可をもらう)

・有料の商品を購入してもらうこと

のいずれかです。

ランディングページを作る際は、
成約率をいかに高めるかが肝になります。

ランディングページでの成約率を高めるためには、
3つの要素が必須とされています。

1)ヘッドライン(ヘッドコピー):そのページを読んでもらうために、見込み客を引き込むための見出しやキャッチコピーを工夫することが大切です。

2)ベネフィット:申し込んだ後に何が得られるのかが明確になっていないと、見込み客は申し込まずに離脱してしまいます。

3)ゴール:CTA(Call to Action)とも呼ばれますが、このページに訪れた方に、最終的に行動をとってもらうための申込みボタンや、電話番号などをわかりやすく迷わないように記載します。

細かいテクニックは他にもありますが、この3つが基本になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ