DKIM対応とは

メールヘッダにDKIM署名をつける機能も標準搭載しています。

各プロバイダは、なりすまし防止対策で、
送信元サーバーが不正であると判断した場合に、
迷惑メール判定をすることがあります。

DKIM署名をつけて送信元サーバー情報を公開することで、到達率を高めています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ