8日目:クリック分析機能を使ってみよう!

1ヶ月で覚える!配信スタンドというテーマで、昨日は
7日目:読者検索と読者情報の編集
というテーマについて

  • マイスピーでの読者情報の検索
  • マイスピーでの読者情報の編集

方法を解説させていただきました。

 

マイスピーでは一つの画面で読者情報の編集が細かくとても簡単に出来たり、

同時に複数のメルマガへ登録したりできることが、

他のメルマガ配信スタンドとは違うマイスピーの大きな特徴の一つでもあります。

 

本日は8日目ということで、

他の大手メルマガ配信スタンドとは、大きく異なるマイスピーの特徴である

クリック分析機能

というテーマについて解説させていただきます。

 

マイスピーではメルマガを発行する際、

メール本文にあるURLを短縮URLにすることによって

クリック分析機能を利用することが出来ます。

 

クリック分析機能を利用するためにはまず、メールを配信していきます。

 

メール作成

 

配信先のユーザー指定画面が表示されましたら、

【以下のアドレスが配信先のメール作成】をクリックします。

 

メール作成1

 

【以下のアドレスが配信先のメール作成】ボタンをクリックし、
メール本文を作成する画面が表示されましたらメール本文を作っていきましょう。

 

URLメール

 

メルマガを発行していると、このようにメール本文で

長いURLを記載しなければいけないこともありますよね。

 

メール本文を作成する際、まずはこのように本文中にURLを記載します。

 

URLを記載しましたら、次は画面下にある分析オプション、
「短縮URL(クリック分析)を使用する」にチェックを入れます。

 

分析オプション

 

このようにチェックを入れましたら、

本文中に記載しましたURLのところに自動的に

短縮URLの置き換え文字が挿入されます。

 

クリック分析置き換え文字

 

短縮URLの置き換え文字が本文に挿入されましたら、

【確認する】ボタンを押してメール本文を確認しましょう。

 

短縮URL確認

 

メール本文を確認して問題がございませんでしたら、

【配信する】ボタンをクリックし、メールを配信していきます。

 

短縮URLメール送信完了画面

 

メールの送信が完了しましたので、受信ボックスを確信してみます。

 

クリック分析メール受信

 

受信ボックスを確認してみましたら、

先ほど送信したメールがこのように届いていました。

 

メールの作成画面、確認画面では置き換え文字

%url1%

だったものURLも短縮され、

http://myasptrial.net/l/m/ObsrLp8xbUqivJ

 

となっています。

 

これで短縮URLを使用してのメールの配信が出来ました。

 

 

短縮URL機能を使用してのメール配信が出来ましたら、
次はクリック分析機能を確認していきましょう。

 

クリック分析を確認するにはまず、

画面左にある【メールクリック分析】をクリックします。

 

メールクリック分析

 

【メールクリック分析】をクリックしますと、

このような画面が表示されます。

 

クリック分析

 

まだ一度もクリックされていない状態なのでクリック数、

クリック/配信数(%)のところは0になっていると思います。

 

メールを開封され、短縮URLをクリックされると、
このようにメール別、URL別のクリック数が確認出来るようになります。

 

クリック数

 

マイスピーの機能、短縮URLを使うことによって、

長い URLでも短くスマートに見せることが出来るだけでなく、

クリックされた数まで簡単に解析することができます。

 

他の大手配信スタンドではこのような短縮URL機能が基本的には備わっていません。

 

そこでわざわざ他の短縮URLツールやアクセス解析ツールを導入してみて、

「エラーが発生してしまってせっかくクリックしてもらえたのに
URLを開くことが出来ない・・・」

なんていうトラブルは残念ながらよくある話です。

 

マイスピーを使いこなすことが出来るようになるだけで、

メールが届かない、URLが開けないなどのトラブルを防げるだけでなく、

伝えたい情報が確実に伝わっているかというところまで確実に解析することが出来るのです。

 

マイスピーを上手に使いこなして、

あなたのビジネスを、マーケティングを加速させていきましょう。

>>9日目:ポイント機能を使ってみよう!

>>「1ヶ月で覚える!配信スタンド」記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ