5日目:テスト配信で配信事故を減らそう!

1ヶ月で覚える!配信スタンドというテーマで、昨日は
4日目:置き換え文字でパーソナライズメールを送ってみよう!
というテーマについて

  • 置き換え文字を利用してパーソナライズなメールを送る

方法を解説させていただきました。

置き換え文字を利用してのメールの配信方法
おわかりいただけましたでしょうか?

本日は5日目ということで、

テスト配信で配信事故を減らそう!

というテーマについて解説させていただきます。

マイスピーへログインし、

メールを配信する手順は既におわかり頂けたと思います。

 

メールをテスト配信するには、

当然メールを作成する必要がございます。

 

メールを作成するにはこちらの記事をご覧ください。

 

1日目:メルマガを作成してメール配信してみよう!

 

4日目:置き換え文字でパーソナライズメールを送ってみよう!

 

メールをテスト配信していくには、

メール作成画面の途中で【テスト配信】ボタンがございますので

そちらをクリックし、メールをテスト配信していく必要がございます。

 

テストメール送信

 

テスト配信用のメールアドレスを入力しましたら、【このアドレスに送信】をクリックします。

 

【このアドレスに送信】をクリックすると、

テスト配信用に設定されたメールアドレスにテストメールが届きます。

 

【このアドレスに送信】ボタンをクリックし、

「テストメールを送信しました。」という表示が出ましたら、

テストメールの送信は完了です。

 

テストメールを送信しました

 

このような表示が確認出来ましたら、

テストメールの送信を設定したメールの受信ボックスを確認してみましょう。

 

テストメール受信ボックス

 

テストメールが確認出来ました。

 

テストメールの受信が確認出来ましたら、メールを送ってみましょう。

 

テストメール送信

 

こちらの画面からテストメールの送信が完了しましたら、【確認する】ボタンをクリックします。

 

【確認する】ボタンをクリックしますと、

このようにメールの作成確認画面が表示されます。

 

テストメール確認画面

 

メールの作成確認画面を確認し、確認内容に問題がございませんでしたら【配信する】ボタンをクリックします。

 

【確認する】ボタンをクリックし、

正常にメールが配信されますとこのような画面が表示されます。

 

テスト配信完了

 

正常に配信されていることがこれで確認出来ました。

 

それでは実際に、メールボックスを確認してみます。

 

テスト配信無事完了

 

配信事故もなく、正常にメールが配信されました。

 

テストメールを自分に送ることで、

配信事故がなくメールを正常に送信することができました。

 

以上、

5日目:テスト配信で配信事故を減らそう!

になります。

>>6日目:マイスピーのテーマを切り替えてみよう!

>>「1ヶ月で覚える!配信スタンド」記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ