機能追加:外部SMTPサーバーから配信する機能を追加しました

本日も、マイスピーのバージョンアップを行いました。

今回のアップデートで、
外部SMTPサーバーから配信する機能を追加しました。

この機能は、以前からご要望が多かったのですが、

まず、「外部SMTPサーバー」とは、

例えば、
普段、ご自身のパソコンのメールソフト(メーラー)から
接続してメール送受信しているメールサーバーがその1つです。

独自ドメインのメールを取得したときに設定したレンタルサーバー(もしくは自社サーバー)や、
gmailやYahoo!メールなどの各メールプロバイダもそうですね。

通常、マイスピーでは、これらのメールサーバーを使わずに、
独自にマイスピー自身がメールサーバーとして配信を行っていますが、
これらの外部のメールサーバーを使って配信することもできるようになりました。

マイスピー単独での配信も、到達率は高いのですが、
普段使用しているメールサーバーから配信したほうが
メールが届きやすい場合があります。
(もちろん、その逆もありますが。)

そのために、どうしても届かせたいメールは、
マイスピー独自の配信と、
普段使用しているメールサーバーからの配信を
併用することで(再送するなど)、
より到達率を高めることができます。

なお、外部のSMTPサーバーの指定は、
全シナリオ共通で指定することもできますし、
シナリオ単位で指定することもできるようになっています。

シナリオ毎に指定する場合は、
シナリオ管理メニューの
「外部SMTP経由配信設定」
から設定ができます。

全シナリオ共通で外部SMTPサーバーを指定する場合は、
「個人設定:メール共通設定」
の「外部SMTP設定」タブ
から設定ができます。

さらに、この画面を見ていただくとわかるように、
宛先のドメイン毎に分けて設定ができるようになっています。

■設定例1:携帯に送る場合

例えば、
携帯のアドレスに送るときだけは、
自分が保有している携帯のアドレス(i.softbank.jpのアカウント)
を経由して配信する、
ということも可能です。

特に携帯のメールアドレスの場合、
送信者が携帯のメールアドレスになっている場合だけしか
メールフィルタの設定で、
受信しない設定にしている人も結構な割合でいますので、
こういった設定をすることで、
到達率を向上させることも可能です。

■設定例2:gmailのアドレスからgmailに送る場合

通常、メールの差出人アドレスをgmailのアドレスにして、
gmail以外のメールサーバーからメールを送ると、

「このメッセージは次のアドレスから送信されたものではない可能性があります」

という表示が出てしまいます。

これを避けるために、
gmailのメールサーバーを指定して、gmailからメールを送ることができます。

※ただし、gmailのメールサーバーを使用して配信した場合、いくつか機能制限が出てきます。
 ・エラーメールがgmailのアドレスに返るようになるため、自動エラーメール処理が使えなくなります。
 ・差出人アドレスを別のアドレスに指定していた場合でも、使用したgmailのアドレスに書き換わって送信されます。

※レンタルサーバーやプロバイダのメールサーバーを使うときの注意
メールを大量に送れないようになっているところが多いため、
配信速度は、1分あたり10通程度を上限にして配信するようにしたほうがよさそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ